人間の性格や心理、本音は何気ない仕草やクセ、言動、ちょっとした表情、モノの好み、趣味嗜好、あるいは言葉遣いなどで分かるものです

Menu ▼
コンテンツのメニュー一覧
トップページ(メニュー一覧)

商談中にかかってくるケータイの電話は、有能さの証明になるのか


周囲のやり手のビジネスマンを見てみると、いつも忙しそうに働いており、電話でもかかるようなことがあれば、手帳でスケジュールを確認したり、メモを取ったりしていますね。


どうしても忙しそうにしている人が、世間一般では有能な人間であるように思われてしまいがちなので、そういう錯覚を生じるのです。

実際には、そういう錯覚を利用して、わざわざ商談中に外から電話をかけてもらい、いかにも忙しいということを相手に見せつけて、自分の有能さをアピールするビジネスマンもいるようです。

ビジネスマンで職場以外、たとえば道を歩いているときとか、外で食事をしているときなど、取引先からケータイに電話がかかってくることがありますが、そんなときに、周囲の状況も確認せず、いきなり大きな声で話しだす人がいます。

ちょっと見には、仕事熱心でやり手の雰囲気がありますが、こんな人はまずは大した実力はないものです。

なぜなら、大事な商談の話なら、金額の件や事業計画などの打ち合わせに関する電話になる可能性がありますが、そういう重要な案件なら簡単にケータイで結論が出るようなものではなく、書類をにらみながら検討すべき事案であるはずです。

それを周囲に気配りもできず、大きな声で電話に出るのは、正確な状況判断ができていない証拠です。

いずれ改めて、電話をすることになるから、そこで話しても二度手間になるだけです。


こういう人は、仕事一途な人のように見えるかもしれませんが、そうではなく、仕事が不安であるから迅速に電話に出ただけであり、やや自分勝手な性格があります。

タレントなどがギャラの交渉をするときなども、事務所に交渉相手を呼び、外からわざわざ電話をかけさせることがあるといわれています。多忙さを演出して売れっ子というイメージを相手に与え、最終的にギャラのアップを図ろうとするものです。

こういうタレントも大したことはないでしょう。

ただ、この社会では実力があるビジネスマンが、必ずしても出世街道を歩むとは限らず、見かけも大切なポイントになりますので、やはり交渉相手に対して少しぐらいの演出は必要かもしれません。

たとえば、交渉相手と次回の打ち合わせ日程を調整しようとしているとき、「その日なら、いつでも空いてますから」などと即答するようでは、相手からはよほど仕事のできないヤツだと思われてしまうでしょう。

やはりスケジュールを見ながら、「午前中の10時から12時までなら大丈夫です」と言えるぐらいにはしておきましょう。






できる男は職場での相手の言動やクセを見逃さない
商談中に相手がスーツを脱いだら心を開くサイン
派手なスーツ、地味なスーツ、流行のスーツで生き方がわかる
商談中にかかってくるケータイの電話は、有能さの証明になるのか
「忙しい」の自己アピールは、自らの無能さを証明
上司が言う「無礼講(ぶれいこう)」には、注意深い行動が必要
イメージチェンジでは周囲に積極性と明るさのアピールが大切
イメージチェンジは、何をどうチェンジするかで意気込みが分かる
ポーカーフェイスのできない人は、度量がなく大きな仕事を任せられない
アゴをなでたり突き出す人はプライドが高く優越感に浸りたい
賢い上司は、先に自分の非を認め、感情にしこりを残さない配慮ができる



愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相による結婚相手の選び方
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
モテる男の恋愛メールテクニック講座
メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう

Copyright (C)2015. クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理 All rights reserved.