人間の性格や心理、本音は何気ない仕草やクセ、言動、ちょっとした表情、モノの好み、趣味嗜好、あるいは言葉遣いなどで分かるものです

Menu ▼
コンテンツのメニュー一覧
トップページ(メニュー一覧)

アゴをなでたり突き出す人はプライドが高く優越感に浸りたい


人相でよく、人と話しをするときに、アゴを突き出したようにして、会話をする人がいませんか。

そういう人は、だいたいアゴを突き出すのがクセになっているものですが、これらの心理は、やはり人より優越感に浸りたいタイプに多いようです。


あなたも、ちょっと、自分でアゴを突き出してください。どんな感じですか。
決してリラックスできる姿勢ではありませんし、むしろ窮屈ではありませんか。


そして、その姿を鏡でよくご覧になってください。

アゴにつられるように、胸元あたりまでもが前に突き出されるような格好となり、なにやら、偉そうにしている自分を鏡のなかに発見するでしょう。

アゴを突き出している人は、「あなたより俺のほうが偉いんだぞ」と、偉そぶって横着そうな雰囲気を漂わせているように見えます。

どうしても、アゴを突き出しますと、目線の角度のせいでしょうが、まるで一段高いところから周囲を見下ろしているかのようです。

早く言えば「ふんぞり返った」状態です。

そういえば芝居でも、「プライドが高く、その上、高飛車な人物」を演じる人は、男であれ女であれ、ぐいとアゴを上げて、あたりを偉そうに見渡しますね。


アゴを突き出す仕草を心理的に分析すると、目線が上から見下ろす格好になるので、 自分の優越感を誇示したいときにとられるといわれています。

自信満々で自分が偉いと思い込んで、相手を見くびっている格好なのです。


ですから、このしぐさをよくする人はプライドが高く、周りの人すべてを軽くみていることが多いといえ、自分の自己顕示欲が満たされないときにはカッとなるなどして、相手に敵意をむき出しにする一面も併せ持っています。

こういう人のために、古歌では「橋なくて たとえ天に のぼるとも 俺が俺がは 任されもせず」という戒めもあります。

天まで昇れるような素晴らしい才能や素質をもっていても、俺が俺がというような自己主張と我の強いような人は、相手のほうが避けて通って、相手にしてくれないよという意味です。

この世の中で、自分だけが偉いんだとのぼせ上がっている人は、よく「天狗になる」と言いますが、これは天狗の鼻が高いところからきています。
鼻が高い人は、自信満々で傲慢不遜になりやすいので、注意が必要です。






できる男は職場での相手の言動やクセを見逃さない
商談中に相手がスーツを脱いだら心を開くサイン
派手なスーツ、地味なスーツ、流行のスーツで生き方がわかる
商談中にかかってくるケータイの電話は、有能さの証明になるのか
「忙しい」の自己アピールは、自らの無能さを証明
上司が言う「無礼講(ぶれいこう)」には、注意深い行動が必要
イメージチェンジでは周囲に積極性と明るさのアピールが大切
イメージチェンジは、何をどうチェンジするかで意気込みが分かる
ポーカーフェイスのできない人は、度量がなく大きな仕事を任せられない
アゴをなでたり突き出す人はプライドが高く優越感に浸りたい
賢い上司は、先に自分の非を認め、感情にしこりを残さない配慮ができる



愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相による結婚相手の選び方
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
モテる男の恋愛メールテクニック講座
メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう

Copyright (C)2015. クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理 All rights reserved.