人間の性格や心理、本音は何気ない仕草やクセ、言動、ちょっとした表情、モノの好み、趣味嗜好、あるいは言葉遣いなどで分かるものです

Menu ▼
コンテンツのメニュー一覧
トップページ(メニュー一覧)

仕事に厳しい人には「将を射るより馬を射よ」です


仕事に厳しい人ほど、仕事の人間関係において、プライバシーは関係ないと思っています。こういう人はいくら仕事で密接な関係になろうとも、プライベートから攻めていきにくいものです。



ゴルフの好きな人なら、ゴルフの話をするとか、釣りが好きなら釣りに誘ってみるとか、いろいろと手はありますが、堅物で仕事のみを生き甲斐にしているような人には、この方法は使えません。

なかには、顔を合わせてあいさつをした後、「暑い日が続いて大変ですねえ」などといったら、「いや、天気の話なんかどうでもいい。用件は?」と、とりつくしまがない人もいます。

しかし、こういう人にも弱点はあるものです。

意外にも、それはプライバシーに属する家族のことです。


たとえば、お歳暮やお中元はサラリーマンなら誰しも上司に贈ったり、会社の取引関係の人に贈ったりしますが、もらったほうは当たり前のように思って、誰から贈ってきたのかさえ確認しない人もいます。

これは贈る物に対して配慮が足りないからです。


上司の家族関係をしっかり把握して、奥さんとか娘さんの好きなものなどを、あらかじめチェックしておくことです。

相手の機嫌が良いときに、タイミングを見て、「ところで、部長、お嬢さんはもう高校生ですよね。部長に似ていたら、かわいいでしょうね」などと、話を振ってみるのも良いでしょう。

「うん、オレに似て可愛いよ。今、薬学部を目指して猛勉強しているところだよ」なんて、乗ってきたらしめたもの。

うまく娘さんが興味を持っているようなことを聞き出し、ピアノのコンサートをよく聴きに行くようでしたら、コンサートの切符を贈るのです。

このように、自分にではなく、大切にしている家族に対して深い気づかいを示されると、「そこまで気をつかってくれるのか」と感動するものです。まさに「将を射んと思えば、まず馬を射よ」ということです。

仕事一途の人間は論理ですべて行動しようとしていますが、心はなかでは、どこかで情とのバランスを取ろうとしているものであり、論理的に行動する人ほど情に飢えているのです。





愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相による結婚相手の選び方
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
モテる男の恋愛メールテクニック講座
メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう

Copyright (C)2015. クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理 All rights reserved.