人間の性格や心理、本音は何気ない仕草やクセ、言動、ちょっとした表情、モノの好み、趣味嗜好、あるいは言葉遣いなどで分かるものです

Menu ▼
コンテンツのメニュー一覧
トップページ(メニュー一覧)

「やさしさ」を演出する人は、抑圧された「憎しみ」とか「残虐性」が潜んでいる


小さい頃に誰しも経験があったと思いますが、好きな女の子がいても、そのことを素直に表現できず、わざといじわるな態度をとったことはありませんか。

本当の気持ちが表に出せず、それを抑制しようとするあまり、逆に反対の行動をとってしまうのです。


これと同じ心理で、今度は逆に、わざとやさしさを演出するような人は、心の中には抑圧された「憎しみ」とか「残虐性」が潜んでいることがあるのです。

最近は、子どもにやさしくしないといけない、お年寄りにやさしくしないといけない、ペットにやさしくしないといけない、地球にやさしくしないといけないと叫ばれることが多く、たしかに正論には違いありませんが、ただやさしさの必要性に過剰にこだわる人の人間性は、疑ってかかったほうがよいでしょう。

ふつうの感覚なら、なぜ、そこまでやさしさを持たなければならないのかと疑問に思うようなことまで、やさしさを要求します。

「やさしさ」を盛んに唱えるような人のなかには、社会や世間にやさしさの必要性を訴えるいっぽうで、部下を人とも思わないようなこき使い方をしたり、妻に暴力をふるっていたりするケースがあると聞きます。


矛盾しているようですが、どうしてなのでしょうか。

身内にはやさしくする必要がないとでも思っているのでしょうか。

そうではないと思われます。

やたらと過剰にやさしさを重視し、その必要性を訴える人は、その人自身、親からやさしく育てられなかったからです。

やさしさに飢えているので、じつはやさしさも情も乏しいというケースなのです。

周囲に愛情を注がれて育った人は、やさしさの必要性なんか声だかに叫ぶ必要はなく、他人に対するやさしさを自然に持っているものです。

やさしさなんて当たり前すぎて、主張するような話ではないのです。
ですから、やさしさを連呼する人は、やさしい人に違いないと思ったら間違いです。

この点、勘違いしないよう注意したほうがよいでしょう。


やさしさを連呼する人は、やさしい人と錯覚し、甘えたり相談したりすると、大やけどすることになりかねない。

自分の立場や権利、主義を荒らされたら怒るエゴイストと、表裏一体をなしている可能性が高いからです。






人への接し方や応対で性格・本性が見抜ける
部下に厳しい態度をとる上司
相手の目をじっと見つめて話す人は、さわやかさがなくしつこい
親切すぎる人には、敵意や憎しみがある場合があり要注意
責任転嫁する人は、自分を正当化する言い訳をするので気をつけよう
「やさしさ」を演出する人は、抑圧された「憎しみ」とか「残虐性」が潜んでいる
意味もなく、おごりたがる人はお金を払うことで、優位に立ちたがっている
細かい指示を出す上司は、自分の保身から新しいノウハウを受け入れられない
無表情または感情のない顔は人情味に欠けているので注意しよう
上司の疑問形の投げかけは、柔らかく部下に頼むという低姿勢をとった命令
上司の命令には絶対服従する人は、家に帰れば暴君
丁寧さも度が過ぎれば、相手に反発心を持っている



愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相による結婚相手の選び方
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
モテる男の恋愛メールテクニック講座
メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう

Copyright (C)2015. クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理 All rights reserved.