人間の性格や心理、本音は何気ない仕草やクセ、言動、ちょっとした表情、モノの好み、趣味嗜好、あるいは言葉遣いなどで分かるものです

Menu ▼
コンテンツのメニュー一覧
トップページ(メニュー一覧)

結婚指輪をいつも着けている人は愛情の強さを表明


婚約指輪にしても結婚指輪にしても、肌身離さず、指に着けている人は、男性も女性も案外多いものです。


こういう指輪をいつも着けている人の心理状態はどうなのでしょう。本人はあまり意識していないかもしれませんが、潜在意識としては、次のような心理が働いていると考えられます。

ひとつは、相手に対するアピールです。

「どんな時だって、いつもあなたの傍にいて、見守っているよ、愛しているよ」と意思表示をしているようなもので、二人の愛情を強く結び付けておきたいと考えているのです。

でも、ある意味では、そんなことで愛情を確かめるような必要はありませんから、ややお互いの愛情に不安を抱えているケースだと考えられないことはありません。

もうひとつは、社会に対して、「自分には決まった人がいますよ、もう結婚していますよ」と公にしているわけですから、「私に近づこうとしても無駄ですよ」と無言で主張していることになります。

逆にそれでも近づこうとするなら、「浮気の責任はとります」という覚悟を相手にさせる意味もあります。


ですから、指輪をしているということは、自分は浮気をする気持ちはないという浮気防止でもあり、相手に対しても「浮気は許さないぞ」というメッセージでもあるのです。


いずれにしても、指輪を着けることは、自分自身の浮気心を制御する意味があると同時に、他の異性に対しても、言い寄ってくることを制約しているのです。

このように婚約指輪にしても結婚指輪にしても、自分にも相手にも縛りをかける意思表示であるので、いつも着けているような人は、やや固定観念的で融通が利きにくい性格をしています。

一般的にいえることは、伝統を守る気持ちが強く、生真面目、几帳面で、社会常識の枠からはみ出ることができず、ある意味では面白味のない人間であります。

内向的で相手の言動も疑う気持ちも強いため、浮気の兆候などが少しでもあると、嫉妬深さとしつこさが前面に出てしまうこともあります。

逆に、結婚指輪を持っていても、飾り程度にしか考えず、したりしなかったりする人は、自由奔放な考え方のできる人であり、小さなことにこだわらず、相手のことを信頼するだけの度量を持った人です。

こういう人は、わざわざ指輪をする必要などないのです。






趣味・趣向でわかる性格
アクセサリーは自己顕示欲を満たすために着けている
結婚指輪をいつも着けている人は愛情の強さを表明
ピアスは自分の生き方や感情を優先させて自己アピール
「福袋」の好きな人はスリルを楽しみ前向きで明るい人
バ ーゲン好きはムードに溺れ、嫌いな人は自信家で冷静沈着
好みの色でその人の性格や恋愛感情がわかる
人はその時の心境に合わせてストレスのない色を選んでいる
好きなスポーツとか団体戦や個人戦の好みで性格で出る
好きな映画のジャンルでストレスの度合いや生き方までがわかる
音楽や絵画の好みで、その人の心理状態がわかる
ギャンブルにのめり込む人は気が小さく有言不実行の人です
占う目的が「他人との関係」か「自分のこと」かで性格がわかる
高層マンションに住む人は、高い志を持っているか浮世離れの仙人か



愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相による結婚相手の選び方
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
モテる男の恋愛メールテクニック講座
メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう

Copyright (C)2015. クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理 All rights reserved.