人間の性格や心理、本音は何気ない仕草やクセ、言動、ちょっとした表情、モノの好み、趣味嗜好、あるいは言葉遣いなどで分かるものです

Menu ▼
コンテンツのメニュー一覧
トップページ(メニュー一覧)

人はその時の心境に合わせてストレスのない色を選んでいる


誰でも気分がめいっているときには、あえて派手な赤色の服装を選ぶことはしないように、そのときの心理状態で色の選択をするものですが、それは、現在の心境に合わない色の服を選択すると、逆にストレスをためてしまうからです。


ですから、本来、赤色とか黄色の服を好んで着ていた人が、黒系統とか青系統の服を着ているなら、その人の心が落ち込んで疲れている心理状態になっていると推測できます。


自分の好みの色でない服を着るような場合には、必ず、心理的変化があるはずで、希望とやる気が湧いて気力がみなぎっているときには、いくら青の服が好きだといっても、やはり派手さがあって明るい赤とかオレンジ系の服を選ぶものです。

それは、自分のモチベーションを持続できるからです。

気力旺盛で未来に羽ばたこうと意気軒昂になっているときに、青系統や黒系統の服は、燃え上がった心を水で冷やすようなものです。

ですから、好きな人が、ふだん着用している服の色と違った色を選択しているようなら、何か心に変化があったことを気づいてあげましょう。


ふつうは派手な極彩色の服は避けるものですが、なかには極彩色を好む人がいます。

こういう人は、確かに派手なだけあって性格も明るく陽気な面はありますが、それはある種演出した部分があって、内面は不安がいっぱいとか、不平不満が鬱積して、それを隠すために極彩色を選んでいる場合があります。

逆に極彩色を嫌う人は、心が安定しており、外面と内面に大きな矛盾を抱えることがないため、性格も穏やかな傾向があります。






趣味・趣向でわかる性格
アクセサリーは自己顕示欲を満たすために着けている
結婚指輪をいつも着けている人は愛情の強さを表明
ピアスは自分の生き方や感情を優先させて自己アピール
「福袋」の好きな人はスリルを楽しみ前向きで明るい人
バ ーゲン好きはムードに溺れ、嫌いな人は自信家で冷静沈着
好みの色でその人の性格や恋愛感情がわかる
人はその時の心境に合わせてストレスのない色を選んでいる
好きなスポーツとか団体戦や個人戦の好みで性格で出る
好きな映画のジャンルでストレスの度合いや生き方までがわかる
音楽や絵画の好みで、その人の心理状態がわかる
ギャンブルにのめり込む人は気が小さく有言不実行の人です
占う目的が「他人との関係」か「自分のこと」かで性格がわかる
高層マンションに住む人は、高い志を持っているか浮世離れの仙人か



愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相による結婚相手の選び方
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
モテる男の恋愛メールテクニック講座
メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう

Copyright (C)2015. クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理 All rights reserved.