人間の性格や心理、本音は何気ない仕草やクセ、言動、ちょっとした表情、モノの好み、趣味嗜好、あるいは言葉遣いなどで分かるものです

Menu ▼
コンテンツのメニュー一覧
トップページ(メニュー一覧)

携帯電話やスマホの扱い方で性格や心理状態がわかる


かつての携帯電話からスマホに変わりつつありますが、機能的には同じでコミュニケーションを深めるのに最適のグッズであります。ただ、電車などに乗っていますと、一時も携帯から目を離すことのできない女子高生などを見かけたりしますが、その扱い方で、性格やその人の心理が表れたりするものです。


@ 異なった人へ意味のない短い電話をひっきりなしにかける

たいした内容もないのに、手持無沙汰のように、「今、何しているの?」とか「昼食は何を食べた?」などと人を変えては電話をしょっちゅうかける女性がいませんか。

こういう人は、不器用で、ほんとうはもっと深い親密な関係になりたいと思っているのに、コミュニケーションの取り方がわからないため、表面的なつき合いに終わっているケースがあります。もともとは、自分自身に自信やつよい信念がないため、他人の言動に左右されやすく、相手が自分のことをどう思っているのか不安なのです。孤独感を感じている人に多いです。


A メールのやり取りが多すぎる人

ある調査によれば、学生の携帯電話使用法は、電話は1日1〜2回、メールは1日15回が平均だそうですが、1日に20回以上同じ人とメールのやり取りをするのは、やはり短い内容のない電話をしょっちゅうかけてしまうのと同じような心理といえます。

だいたい、人と何らかのコミュニケーションをしていないと心が落ち着かない人は、対人関係に強い不安があったり、自分自身に劣等感を持っていることがあります。そのくせ、相手からのメールの内容を的確に判断できず、自分勝手な思い込みで判断して、相手の真意が読み取れないし、周囲の空気も読めない人です。


B かける相手によって携帯電話と固定電話を使い分ける

何か改まって人に電話をかけようとするとき、ケータイではちょっと軽い感じがするので固定電話でかけてみようと思うことはありませんか。
ケータイと固定電話を使い分ける心理としては、上下関係を気にしたり、相手の自分への印象を気にするタイプで、気が弱く、他人の意見に左右されやすいところがあります。


C 携帯電話そのものを自分の哲学として持たない人

だいたいは、偏屈でへんに自信を持っている人です。反骨精神も旺盛で、一家言を持っているので、敵に回すとメンドイ人になります。




ケータイ・手帳・車などモノの扱い方で性格や心理が
携帯電話やスマホの扱い方で性格や心理状態がわかる
電話中にもかかわらず、かかってきた携帯で話し出す人の心理とは
メールの文体で口語に近いと親密度が高くなり、堅い文章は距離を遠ざける
写真を撮られるときのポーズやしぐさ、目線などで、心理状態がわかる
タバコを吸うのは赤ちゃんの指しゃぶりと同じで癒しを求めている
タバコに火をつけているのを忘れて次のタバコに火をつける人の心理は
毎年、どのような手帳を使っているかで性格が読める
車が人生のすべてだと思っている人は、社会に疎外感や不安感を持っている



愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相による結婚相手の選び方
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
モテる男の恋愛メールテクニック講座
メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう

Copyright (C)2015. クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理 All rights reserved.