人間の性格や心理、本音は何気ない仕草やクセ、言動、ちょっとした表情、モノの好み、趣味嗜好、あるいは言葉遣いなどで分かるものです

Menu ▼
コンテンツのメニュー一覧
トップページ(メニュー一覧)

メールの文体で口語に近いと親密度が高くなり、堅い文章は距離を遠ざける


だれでも携帯を手軽に持つようになった関係から、日本人全員が小説家になったといわれることがあります。

最近の若い人は、手紙もハガキも出さなくなって、モノを書かなくなったといわれますが、そんなことはなく、携帯のメールは立派な手紙とかハガキに匹敵するもので、若い人がこれほどモノを書く時代は、これまでなかったのではないでしょうか。


メールは、電話とも手紙とも異なるコミュニケーション手段ですが、文章を書くということでは、手紙もハガキも同じです。

手書きで出すか、ワープロで打って出すかの違いと、相手に早く着くか遅く着くかの違いだけです。


それだけに、メールの文章も、手紙を出すのと同じくらい気を使うもので、砕けすぎず、堅すぎず、それと見栄えにこだわったりするものです。

その結果、若いカップルのメールの文体や内容を見れば、書き手が受け手に対して抱いている親密度の度合いなどが、それとなくわかるものです。

口語に近い文章ほど親密度が高くなり、堅い文章になるほど相手との距離を開けたいと考えられます。

たとえば、文末に「〜ですね」など口語に近い文が多いほど、親密度が高くなりますが、それでも「です」を使っているので、ある程度の節度、距離感を保っています。


「昨年の花見は〜に行ったよね?」など問いかけ調には、相手との密なやりとりを望む気持ちが込められていると判断でき、相手への好意や親近感を強く持っています。

女性のメールには、手紙などでは表現できない顔文字や絵文字を使って、文章では表現できないような自分の微妙な感情を伝えて、親密度を深めようとすることもあります。

ただ、これもあまり多用してしまうと、微妙な気持ちを伝えるというより、コミュニケーションがうまく取れず不安を抱いているのが原因の場合があります。
また、顔文字入りのメールは、「私、あなたとはごく親しい仲よ」の気持ちをアピールしているともいえますが、これも使いすぎると、幼稚な印象を与えます。




ケータイ・手帳・車などモノの扱い方で性格や心理が
携帯電話やスマホの扱い方で性格や心理状態がわかる
電話中にもかかわらず、かかってきた携帯で話し出す人の心理とは
メールの文体で口語に近いと親密度が高くなり、堅い文章は距離を遠ざける
写真を撮られるときのポーズやしぐさ、目線などで、心理状態がわかる
タバコを吸うのは赤ちゃんの指しゃぶりと同じで癒しを求めている
タバコに火をつけているのを忘れて次のタバコに火をつける人の心理は
毎年、どのような手帳を使っているかで性格が読める
車が人生のすべてだと思っている人は、社会に疎外感や不安感を持っている



愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相による結婚相手の選び方
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
モテる男の恋愛メールテクニック講座
メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう

Copyright (C)2015. クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理 All rights reserved.