人間の性格や心理、本音は何気ない仕草やクセ、言動、ちょっとした表情、モノの好み、趣味嗜好、あるいは言葉遣いなどで分かるものです

Menu ▼
コンテンツのメニュー一覧
トップページ(メニュー一覧)

写真を撮られるときのポーズやしぐさ、目線などで、心理状態がわかる


集合写真は人と人との関係がわかりますが、ひとりで写るポートレートでは、その人が自分自身をどのようにとらえているかが読み取れます。

「写真撮ってあげようか」と一声かければ、「うまく撮ってよ」などと積極的にポーズを作る人がいるかと思えば、一方では、「過去を振り向かない性分だから写真はあまり好きでないのよ」となどと言って断る人もいますね。


これはおそらく、自分の姿や容貌に自信があるか、ないかで、そういう反応をするのだと思います。

それでは、写真を撮られるときのポーズやしぐさ、あるいは目線などで、その人がどういう心理状態にあるかを検証してみましょう。

まず、重要なポイントとしては、カメラ目線でしっかり目を開いているかどうかでわかります。

カメラから目線を外しているたり、あるいは目を閉じていること写真が多い人は、自分の容姿や容貌など外見にちょっと自信がない人です。

何回撮られても、目をしっかり見開いて写っている人は、自分自身に自信を持っており、いろいろなポーズをしたがり、性格的にも明るいでしょう。


いつも自然と笑顔になって写っている人は、自分の体形や容姿に自信を持っており、気分もリラックスしており、気持ちに余裕を持っています。


こういう人は、写真を撮られることに喜びさえ感じています。

なかには、いつも少し横を向いたポーズで左右どちらかの横顔を中心に写っている人はいませんか。

いつも同じ横顔を見せている人は、意識的にそうしているのであり、自分の表情がいいほうの顔が写るようにしているのです。

ふだんから自分の見え方を意識している人で、周囲の人の思惑や意見を気にする性格です。


参考までに言いますと、人の理性的な顔は右側に出やすく、表情豊かな顔は左側の顔に出やすいので、合コンなどに必要な写真は左顔が写るように撮ると良いでしょうし、真面目な顔に見せたいときには、右側の顔を撮るようにすると良いでしょう。

この違いは右脳は感情を司り、左脳は理性を司っていることから生じています。




ケータイ・手帳・車などモノの扱い方で性格や心理が
携帯電話やスマホの扱い方で性格や心理状態がわかる
電話中にもかかわらず、かかってきた携帯で話し出す人の心理とは
メールの文体で口語に近いと親密度が高くなり、堅い文章は距離を遠ざける
写真を撮られるときのポーズやしぐさ、目線などで、心理状態がわかる
タバコを吸うのは赤ちゃんの指しゃぶりと同じで癒しを求めている
タバコに火をつけているのを忘れて次のタバコに火をつける人の心理は
毎年、どのような手帳を使っているかで性格が読める
車が人生のすべてだと思っている人は、社会に疎外感や不安感を持っている



愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相による結婚相手の選び方
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
モテる男の恋愛メールテクニック講座
メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう

Copyright (C)2015. クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理 All rights reserved.