人間の性格や心理、本音は何気ない仕草やクセ、言動、ちょっとした表情、モノの好み、趣味嗜好、あるいは言葉遣いなどで分かるものです

Menu ▼
コンテンツのメニュー一覧
トップページ(メニュー一覧)

自分の呼び方や相手の呼び方に性格は表れる


@ 自分の呼び方でわかる


自分自身を指す言葉として「わたし」と改まって表現することがありますが、一般的な使い方としては、職場で使うことが多いのではないでしょうか。これを友達関係やプライベートの場でも、ことさら意識して使うようなら、少し大人としての意識を相手に与えたいと思っていたり、自分を大きく見せたいと思っているところがあります。


成人した男性が「ぼく」、女性が「あたし」などと使うのは、やや子供っぽさが残るところがあり、自分に対する厳さはやや不足しますが、他人には優しい人が多いでしょう。

スポーツ選手とか男だけの世界などでは、よく自分のことを「自分は・・・であります」などという言葉づかいをする人がいますが、やや男臭さと硬派的な雰囲気を醸し出しており、女性らしさをできるだけ排除していることをアピールしているのです。

上下関係にけじめをつけることを生きがいに感じており、相手に対してへりくだった表現でもあります。

「俺」とか「わし」を多用する人は、気さくなつき合い方を求めています。
また、女性の中には、たとえば、「由紀は〜」「久美は〜」などと、自分の名前を使う人がいますが、もし、成人しても使っているなら、プライベートと公の区別ができず、社会人としては失格で、責任感も希薄なところがあります。


A 相手の呼び方でわかる

職場内での会話や、あるいは職場に人が訪ねてきたような場合、そのときに相手の呼び方を聞いていると、いろいろな言い方があります。

一般的には、初めて会う相手に対しては、「そちらさまは〜」「お宅は〜」「あなたは〜」などと言いますと、これは他人行儀な言い方で、親しい間柄ではそういう呼び方はしないものです。

「キミは〜」などと呼ぶこともありますが、これは明らかに上下関係を意識した言い方で、相手を年下とか目下に見ている人です。あえて、そのように上下関係にこだわった言い方をする人は、権威主義的で、内心は臆病で小心なのです。

プライベートの出会いなどでは、いきなり名前で呼んでしまう人がいますが、これはできるだけ早く親密な関係になりたいと思っているのです。とくに意識して何回も名前を呼ぶ人は、親しさを演出している可能性もあるので、交渉相手なら要注意です。




愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相による結婚相手の選び方
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
モテる男の恋愛メールテクニック講座
メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう

Copyright (C)2015. クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理 All rights reserved.