人間の性格や心理、本音は何気ない仕草やクセ、言動、ちょっとした表情、モノの好み、趣味嗜好、あるいは言葉遣いなどで分かるものです

Menu ▼
コンテンツのメニュー一覧
トップページ(メニュー一覧)

商談中に相手がスーツを脱いだら心を開くサイン


服は肌の上に直接当たるもので、「衣服は第二の肌」などとも言われています。

とくに商談中や重要な会議をしているときに、その服を脱ぐということは、ある意味では生身の体を相手に見せるということであり、相手に対して警戒感を緩め気持ちがリラックスしている状態です。


ちょうど散歩中の子犬が頭や腹をさすって欲しいと催促するときに、腹を上に向けて「どうにでもしてくれ、あなたさまには参りました」と言っているような服従心の表れです。

本来、動物は、自分が襲われて一番弱い腹部は絶対に他の動物には見せないものですが、その腹部を見せるということは、「これ以上抵抗しません、好きにしてください」という状態です。

まさに、人がスーツを脱ぐときも同じような心境になっているときです。

昔の武士が、相手と白刃の真剣勝負をするとき、鎧、かぶとを身を包んで対戦しましたが、降参するときには、かぶとを脱いだものです。サラリーマンがスーツを脱ぐのも、ちょうどかぶとを脱いだのと同じ意味合いがあります。

厳しい商談や交渉が続き、「どちらかが妥協しなければ交渉がまとまらないなあ」と思えたときには、相手の服装を注意して見ることです。


まずは、切羽詰ったほうが、ジャケットやスーツを脱がないまでも、暑くもないのにボタンを外してみたり、ネクタイを緩めたりしながら、「こちらが折れるしかないか」と心でつぶやきかけているときです。


ですから、ビジネスマンは、こうして鎧を脱ぐというしぐさで、心を開くサインを示しているのであるとことを見逃してはいけません。

相手がボタンやネクタイに手を伸ばさないようなら、「ちょっと失礼します」と言いながら、あなたのほうがスーツを脱ぐのも手です。

相手は、スーツを脱いて降参したとは思わないでしょうが、あなたが「」なんとかこの交渉をまとめたい」という強い気持ちを持っていることは伝わる可能性が高いでしょう。

相手に少しでも脈があれば、こちらの熱意と正直さが伝わって思わぬ好結果を招くかもしれません。

ちなみに「先にスーツを脱ぐ」というのは、相手が警戒心をあらわにしているときにも効果的な心理的テクニックです。






できる男は職場での相手の言動やクセを見逃さない
商談中に相手がスーツを脱いだら心を開くサイン
派手なスーツ、地味なスーツ、流行のスーツで生き方がわかる
商談中にかかってくるケータイの電話は、有能さの証明になるのか
「忙しい」の自己アピールは、自らの無能さを証明
上司が言う「無礼講(ぶれいこう)」には、注意深い行動が必要
イメージチェンジでは周囲に積極性と明るさのアピールが大切
イメージチェンジは、何をどうチェンジするかで意気込みが分かる
ポーカーフェイスのできない人は、度量がなく大きな仕事を任せられない
アゴをなでたり突き出す人はプライドが高く優越感に浸りたい
賢い上司は、先に自分の非を認め、感情にしこりを残さない配慮ができる



愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相による結婚相手の選び方
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
モテる男の恋愛メールテクニック講座
メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう

Copyright (C)2015. クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理 All rights reserved.